布団について、意外と知られていないことが多いですね。このサイトでは布団の選び方から、クリーニングやメンテナンス、保管や収納のコツなどご紹介しています。

布団の黄ばみは諦めるしかないの?

布団の黄ばみはクリーニングにお願いしましょう

あなたの布団は黄ばんでいませんか?黄ばんでいるという人は、特に頭の周りが黄ばんでいるのではないでしょうか?

これは涎や汗、皮脂などが原因で、枕や敷布団だけではなく、首回りがあたる掛け布団の場合もあります。

枕カバーをこまめに洗濯するようにしたり、枕の上にタオルを敷いて黄ばむのを防ぐという方法も有効です。

ただ、カバーを外して布団自体が黄ばんでいた場合は、自分でケアをするのはなかなか難しいです。黄ばみや汚れが酷い場合は、布団をクリーニングへ出しましょう。

気になっていた黄ばみもクリーニングで落とすことが出来ますが、あまりにも頑固な黄ばみは、クリーニングでも落としきれない事があります。

クリーニングを利用する前に、落とすことが出来る黄ばみなのかどうかを確認しておくとよいでしょう。

布団のクリーニングを行っているところでは、布団をクリーニングする前に、手作業で布団についている黄ばみやカビを取り除きます。

それぞれの状態を見ながら専用の溶剤を使ってクリーニングをしていきます。

自宅で布団を洗う事も出来ますが(洗える布団の場合)、専用の洗剤を使わないと取れない汚れもあるので、黄ばみやカビを取り除くということであれば、クリーニングにお任せをした方がよいでしょう。

ネットから依頼できる布団のクリーニング屋さん、布団丸洗いの「フレスコ」はこちら