布団が蒸れてグッスリと寝れないなら蒸れない布団に変えてみよう

安眠は蒸れない布団選びから始めましょう「どうも布団が蒸れてしまって、夜何度も目が覚めてしまう・・・」という経験はありませんか?そのような場合は、蒸れない布団に買い替えてみてはいかがでしょうか?「布団」と一言で言っても、色々な機能が備わっています。保湿性・保温性・透湿性・放湿性・フィット性などです。

これらの機能が高い布団が、よりよい布団と言えますが、私達は寝る時に汗をかいて体温を下げるようになっています。布団の中で蒸れてしまうと、グッスリ眠ることが出来ず、夜に何度か目が覚めてしまうという訳です。

蒸れない布団選びというのは、寝る時にかいている汗をすばやく吸収させて発散させるような布団という事になります。また、寝返りがうちやすい布団は布団の中が蒸れにくいので、この事も選ぶ時のポイントになります。通気性が良い雲のやすらぎなら、蒸れにくく寝心地も抜群です。

>> 雲のやすらぎを試してみました。

汗を吸収・発散させる機能が悪いということは、布団が蒸れてしまうだけではありません。布団が汗を吸い取ってくれないと身体に逆戻りしてしまい、身体に溜まってしまった疲れが取れません。安眠出来るどころか余計に疲れてしまうので、布団の中が蒸れてしまうという方は、使っている布団の素材などを確認してみてください。

化学繊維で出来ている布団の場合、布団に入った時は肌触りも良く気持ちがいいのですが、布団としての機能を十分果たしているかといえば、そうではありません。化学繊維の布団は手軽で購入しやすいのですが、布団の機能面にもこだわって選ぶようにしましょう。

関連記事
  1. 布団のダニ退治は、どうすれば良いのか?
    天気の良い日に近所から「バンバン」と布団を叩くような音が聞こえる事はありませんか?布団についているゴミを払ったり、ダニ退治をしようと思い、布団叩きを使う方もいら...
  2. 布団についたニオイを消すには?
    「滅多に使わない布団を出してみたら、カビ臭いにおいがした」という経験はありませんか?滅多に・・・ではなくても、保管の仕方によっては毎年使っている夏用・冬用の布団...
  3. 布団のほこりの落とし方
    「布団叩きで布団を叩くと、沢山ほこりが出てきちゃう」という方もいるかもしれませんが、最近は「布団叩きを使って布団を叩くのは良くない」と言われています。これはダニ...
  4. ほこりが出ない布団でお手入れもラクラク
    「昨日部屋の掃除をしたのに、もうこんなにほこりが溜まってる」「なんだか布団がほこりっぽい」「アレルギーやぜんそくが気になるし、ほこりが出ないようにしたい」と思っ...
  5. 布団が蒸れてグッスリと寝れない
    「どうも布団が蒸れてしまって、夜何度も目が覚めてしまう・・・」という経験はありませんか?そのような場合は、蒸れない布団に買い替えてみてはいかがでしょうか?「布団...
  6. アレルギー対策に布団を見直してみよう
    アレルギーで悩んでいる方もいらっしゃるかと思いますが、アレルギーの原因には「ダニ」も関係しています。そのダニの温床となっている場所に、「布団」があります。布団の...
  7. ベッドから布団がズレるのを防ぎたい
    私も何度かも経験があって困っているのですが、ベッドを使っていると布団がずれてしまいますよね。酷い時は寒さで目が覚める事もありますが、ベッドから布団がずれない方法...
  8. ぜんそくが気になる人には防ダニ布団がおすすめ
    ぜんそくで悩んでいる方も多いのではないでしょうか?ぜんそくやアレルギーは、病院へ行って治療をしてもなかなか改善出来ない病気の代表です。ぜんそくやアレルギーは、ほ...
  9. フローリングに敷いた布団の湿気を取る方法
    フローリングに直接布団を敷いていると、布団に湿気が溜まってしまう場合があります。それをそのままにしておくとカビが生えてしまい、カビが生えた布団で寝ていると、無意...
  10. 布団のカビ対策にはどんなことが有効なの?
    「カビ」と聞くと、食べ物に生えると食べられなくなってしまう・・・という事もありますが、私たちが1日の3分の1は寝て過ごす布団にもカビが生えてしまうことがあります...