布団について、意外と知られていないことが多いですね。このサイトでは布団の選び方から、クリーニングやメンテナンス、保管や収納のコツなどご紹介しています。

布団のダニ退治は、掃除機が基本

布団を干したら掃除機をかけましょう

天気の良い日に近所から「バンバン」と布団を叩くような音が聞こえる事はありませんか?

布団についているゴミを払ったり、ダニ退治をしようと思い、布団叩きを使う方もいらっしゃいますが、最近では「布団を干す時に布団叩きを使ってはいけない」という話をよく耳にします。

というのも、太陽から逃れようとしたダニが布団の奥に入っていく事があります。その状態で布団叩きを使って布団を叩いてしまうと、どんどんと奥に追いやってしまうからです。

さらに、ダニの死骸やフンも布団の中に入ってしまうので、布団叩きを使って力強く叩くのはダメなのです。ただ、かるくホコリを叩く程度なら問題ないでしょう。

となると、布団のダニ退治には何が有効なのでしょうか?答えは「掃除機を使う」という事です。布団を外に干して取り込んだら、掃除機を使ってダニ退治をしましょう。

ただ、天気が悪かったり仕事をしていて外に干す時間がない方は、布団乾燥機がおすすめです。

布団乾燥機を使った後に掃除機を使うと、布団を外に干した時と同じような効果があります。

コードが付いている一般的な掃除機だと出し入れが面倒だったり、布団に掃除機がかけづらいということもあるので、ハンディタイプの掃除機があると便利ですよ。

またダニ退治シートを使ってダニを退治した後、目を細かくすることでダニの侵入を防ぐ布団カバーなどを使うのも1つの手です。このカバーを使えばダニを予防し、ほこりも立ちにくく一石二鳥です。