フローリングに敷いた布団の湿気を取る方法

放っておくとカビが生えてしまいますよフローリングに直接布団を敷いていると、布団に湿気が溜まってしまう場合があります。それをそのままにしておくとカビが生えてしまい、カビが生えた布団で寝ていると、無意識のうちにカビの菌を吸ってしまいます。出来るだけ布団の湿気を取るようにして、カビが生えないようにする必要があります。

まず大切なのは、布団を敷きっぱなしの状態にしないということです。私たちは寝ている時にコップ1杯の汗をかくのですが、布団にその汗が吸い取られた状態のままになっています。その状態のままでフローリングの上に敷きっぱなしにしていれば、カビが生えてしまうのも当然です。

可能であればベットを使うようにしましょう。それが難しいようであれば、すのこを使うのも有効ですし調湿マットを使うというのもおすすめです。ただすのこの場合、フローリングをキズつける原因になるので、できれば床を傷つけないための加工がされている丸めて収納できる「すのこベッド」などの利用が望ましいです。後は予算があるようであれば、布団乾燥機を使って湿気が溜まった布団を乾燥させてあげるのも良い方法です。布団乾燥機にも色々な種類があるので、使い勝手がよさそうな物を選ぶのもポイントになります。

フローリングに敷いた布団の湿気を取るために、フローリングの上にホットカーペットなどを敷く方もいらっしゃいますが、今度はホットカーペットの方にカビが生えてしまいます。状況を悪化させないためにも、ホットカーペットの利用は避けた方がよいでしょう。

関連記事
  1. 布団のダニ退治は、どうすれば良いのか?
    天気の良い日に近所から「バンバン」と布団を叩くような音が聞こえる事はありませんか?布団についているゴミを払ったり、ダニ退治をしようと思い、布団叩きを使う方もいら...
  2. 布団についたニオイを消すには?
    「滅多に使わない布団を出してみたら、カビ臭いにおいがした」という経験はありませんか?滅多に・・・ではなくても、保管の仕方によっては毎年使っている夏用・冬用の布団...
  3. 布団のほこりの落とし方
    「布団叩きで布団を叩くと、沢山ほこりが出てきちゃう」という方もいるかもしれませんが、最近は「布団叩きを使って布団を叩くのは良くない」と言われています。これはダニ...
  4. ほこりが出ない布団でお手入れもラクラク
    「昨日部屋の掃除をしたのに、もうこんなにほこりが溜まってる」「なんだか布団がほこりっぽい」「アレルギーやぜんそくが気になるし、ほこりが出ないようにしたい」と思っ...
  5. 布団が蒸れてグッスリと寝れない
    「どうも布団が蒸れてしまって、夜何度も目が覚めてしまう・・・」という経験はありませんか?そのような場合は、蒸れない布団に買い替えてみてはいかがでしょうか?「布団...
  6. アレルギー対策に布団を見直してみよう
    アレルギーで悩んでいる方もいらっしゃるかと思いますが、アレルギーの原因には「ダニ」も関係しています。そのダニの温床となっている場所に、「布団」があります。布団の...
  7. ベッドから布団がズレるのを防ぎたい
    私も何度かも経験があって困っているのですが、ベッドを使っていると布団がずれてしまいますよね。酷い時は寒さで目が覚める事もありますが、ベッドから布団がずれない方法...
  8. ぜんそくが気になる人には防ダニ布団がおすすめ
    ぜんそくで悩んでいる方も多いのではないでしょうか?ぜんそくやアレルギーは、病院へ行って治療をしてもなかなか改善出来ない病気の代表です。ぜんそくやアレルギーは、ほ...
  9. フローリングに敷いた布団の湿気を取る方法
    フローリングに直接布団を敷いていると、布団に湿気が溜まってしまう場合があります。それをそのままにしておくとカビが生えてしまい、カビが生えた布団で寝ていると、無意...
  10. 布団のカビ対策にはどんなことが有効なの?
    「カビ」と聞くと、食べ物に生えると食べられなくなってしまう・・・という事もありますが、私たちが1日の3分の1は寝て過ごす布団にもカビが生えてしまうことがあります...